最近は動画コンテンツの充実によってスマホやパソコンなどでいつでもコンテンツを楽しめるようになりました。しかし、それらすべてのコンテンツがテレビで見られるわけではありません。今回は動画コンテンツをテレビでも楽しみたいという方向けにdtvターミナルについて解説していきます。

そもそもdtvターミナルって?

dtvターミナルとは、ドコモが2015年4月22日に発売したメディアストリーミング端末です。dtvターミナルがあれば、dtvやdアニメストアといったコンテンツをテレビの大画面で楽しむことができます。動画コンテンツは基本的にテレビでは見ることはできませんが、dtvターミナルがあればテレビで楽しむことができるようになります。

dtvターミナルでできることは?

dtvターミナルには、dtvを見る以外にも様々な使い方があります。ここからは、dtvターミナルの5つの使い方を紹介していきます。

dtvをテレビで楽しめる

dtvとは、ドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜き)という低価格で映画やアニメ、ドラマなどバラエティーに富んだコンテンツ、約12000本を楽しむことができます。Dtvはドコモユーザーのみのサービスだと勘違いしている人は多いですが、ドコモユーザー以外も会員登録できます。dtvターミナルがあれば、dtvターミナル端末とテレビをHDMIで接続するだけでdtvのコンテンツをテレビで見ることができます。

dアニメストアをテレビで楽しめる

dアニメストアもドコモが運営している動画配信サービスです。Dtvアニメストアはdtvとは異なり、アニメに特化したサービスです。dアニメストアには、1700作品、32000本以上のコンテンツがあるので、アニメ好きには魅力的な動画配信サービスだといえます。
そんなdアニメストアもdtvターミナルがあればテレビの大画面でコンテンツを視聴できます。

YouTubeをテレビで楽しめる

動画共有サービスとして世界的に有名なYouTubeもdtvターミナルがあれば、テレビで視聴できるようになります。日頃からYouTubeを視聴している人にとってはうれしい特徴ですね。

スマホやパソコンの画面をテレビに映せる

dtvターミナルのうれしい特徴として、Miracast対応に対応しているということが挙げられます。Miracastとは、無線通信によりスマホやパソコンの画面をテレビの画面に映す事ができる技術で、スマホやパソコンの画面をテレビに映すことをミラーリンクといいます。これによって、他の動画配信サービスであってもテレビで視聴可能になります。

写真や動画、音楽もテレビで楽しめる

USBやmicroSDに保存している写真や動画、音楽があればdtvターミナル端末に差し込むことで、テレビで見ることができるようになります。運動会の動画や家族旅行の写真など、家族みんなで楽しみましょう。

dtvターミナルでは、dtvを見る以外にもたくさんの活用法があります。そのため、dtvの契約をしている人はもちろん、そうでない人にとっても魅力的な端末だといえるでしょう。

dtvターミナルの使い方は?

ここからはdtvターミナルの使い方を解説していきます。dtvターミナルは非常に設定が簡単で、インターネット接続さえできれば誰でも設定できます。以下、dtvターミナルを注文してから設定完了までの流れを解説します。

まずはdtvターミナルを購入

dtvターミナルの価格は7586円で、ドコモオンラインショップや家電量販店、Amazonなどで購入することができます。

dtvターミナルの付属品は?

dtvターミナルを購入すると、dtvターミナル本体のほかに、HDMIケーブル、ACアダプタ、電源ケーブル、リモコン、クイックスタートガイドが付属品として付いてきます。リモコンは、基本操作のほかに電源のオン・オフやボリューム設定などを行う事ができます。また、本体背面にはHDMI出力、HDMI入力、有線LANポート、光デジタル音声出力があります。

まずは、インターネットの設定

電源を入れた後まず行わなければならないのがインターネット接続設定です。インターネット接続方法は有線と無線がありますが、当然有線接続の方が通信は安定します。ルーターとdtvターミナルが近い場合は無線LANルーターで接続したほうがいいでしょう。

ドコモIDとパスワードを入力

インターネット接続が完了したら、ドコモIDとパスワードを入力する画面に移ります。付属のリモコンで入力しなければいけないので、入力作業は少し時間がかかります。
ドコモIDとパスワードを入力し、ログイン出来たら設定は完了です。後は、自分の視聴したいコンテンツを検索し、dtvを楽しみましょう。

他のメディアストリーミングデバイスと比較してみよう!

dtvターミナル以外にもメディアストリーミングデバイスは存在します。ここでは、dtvターミナルとそのほかのメディアストリーミングデバイスを比較していきます。

価格 対応動画配信サービス インターネット接続方法
Dtvターミナル 6980円(税込) dtv
dアニメストア
Youtube
有線/無線
Chromecast(第2世代) 4980円(税込) dtv
dアニメストア
Youtube
DAZN
Hulu
Netflix
AbemaTVなど
無線
Fire TV Stick 4980円(税込) dtv
dアニメストア
Youtube
DAZN
Hulu
Netflix
AbemaTVなど
無線

価格や対応動画配信サービスでの比較

価格や対応している動画配信サービスでは、ChromecastやFire TV Stickの方が優れています。Dtvターミナルでは、ミラーリンクを使えば様々な動画配信サービスをテレビで視聴できるようになりますが、ミラーリンクしているスマホやパソコンはその間使えなくなるというデメリットがあります。

一方ChromecastやFire TV Stickは対応しているので、コンテンツを楽しみながらスマホやパソコンで他の作業をすることができます。
そのため、dtv以外の動画配信サービスをテレビで視聴する場合は、ChromecastやFire TV Stickの方がおすすめです。

インターネット接続方法での比較

dtvは、有線でのインターネット接続もできます。そのため、無線接続よりも安定した通信でコンテンツを視聴できます。ChromecastやFire TV Stickは無線での接続しかできないため、通信の安定性で比較すればdtvターミナルが優れています。

いかがでしたか?dtvターミナルはdtvやdアニメストアをテレビで視聴したいという人にはおすすめできますが、そのほかの動画配信サービスをテレビで視聴したいという方には、ChromecastやFire TV Stickの方がおすすめです。
何をメインに視聴したいかによって選ぶようにしてくださいね。

dtvターミナルをなるべく安く手に入れたい方はこちらが参考になります。

https://innodigital.net/dtv%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AB%E4%BE%A1%E6%A0%BC/